良質な記事の書き方

Tips 基本知識

良質な記事を書くってどうやるの?つい買ってしまいたくなる記事の書き方

投稿日:

こんにちは、チカです^^

アフィリエイトでは、記事の内容によって収益が左右されます。
内容がダメなら100記事書こうが1000記事書こうが収益は期待できません。

収益を上げたいのならば、良質な記事は絶対必須です。
良質な記事を書くって具体的にどうやるの?を解説していきますね^^

内容の薄い記事では商品は売れない

「なんかテキトーなサイトだなぁ」なんて、人のHPを見ていて思ったことはありませんか?
内容が薄い、信ぴょう性がない、うそっぽいサイトからは商品を購入したいと思いません。

体験談・口コミサイトがおススメ

「実際に使ってます!」「試してみました!」「こうなりました!」と体験談や口コミを載せているサイトは、信ぴょう性が高まるので商品が売れやすいです。
いい事ばかりではなく、デメリットも載せてあげたほうがユーザーは購入しやすいですよ^^

良質な記事を書くための方法

良質な記事を書くためにはこんな方法があるよ!ってことを解説していきます。

テーマに沿った内容に絞ること

1つのテーマには、2つも3つも違う内容を書くのではなく、
1つのテーマを絞り込んで書きましょう!

ユーザーが探している答えをすぐに提示すること

ユーザーは基本的にせっかちです。
ユーザーにとって必要な内容だけ提示してあげるようにしましょう。

わかりやすい言葉で専門用語は使わない

専門用語が多いと見る気が失せますよね(笑)
中学生でも読める言葉と文章で、専門用語は使わないように書きましょう。

デザインや装飾で見やすい記事を作る

ずらずらずらと文字ばかりでは読みづらいですよね。
デザインや装飾では以下のことに気をつけましょう。

MEMO
  • 文字の大きさ
  • 読みやすい行間と字間
  • 箇条書きを使う
  • 見出しを使う
  • 太字や赤文字などの文字の装飾を使う
  • 画像を使う
  • 改行や余白を使う

見やすく・簡潔に

長文でダラダラ書いたら、読みづらいですよね。
できるだけ簡潔に、見やすく書きましょう。

タイトルと記事の内容を一致させる

ユーザーの期待に応えるためにも、タイトルと記事の内容を一致させる必要があります。
「知りたい内容が書いてあるだろう」とタイトルで思わせ、
知りたい内容だけ提示してあげましょう。

関連するページへリンクをつける

記事内に、この内容の詳細はこっち記事に書いてあるよ!
関連するページを紹介してあげると親切ですよね。
ユーザーが探している情報に応えてあげるように誘導させてあげましょう。

言葉使いは丁寧に

言葉使いは大切です。
また、人の悪口や誹謗中傷もダメです^^;

信ぴょう性に欠ける広告は貼らない

アフィリエイトの広告はたくさんあって、中には報酬が高いものもあります。
報酬が高いからといって、信ぴょう性のない広告を貼るのはよくないです。
自分が体験してよかったから、人にも勧められる!
という信ぴょう性がある広告にしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
細かいことですが上記のことに気を付けて書いていきましょう。
良質な記事=ユーザーにとって役立つ情報です。

記事をたくさん書くことで、ライティングスキル(記事の書き方)は身についていきます!
はじめから完璧な記事を書ける人はいません。

手を止めず、記事を書くごとに少しずつレベルアップしていけばいいのです^^

チカの公式メルマガ登録はこちらから

-Tips, 基本知識
-,

Copyright© ブログを収入へつなげよう! | チカブロ , 2019 All Rights Reserved.