シリウスにユーザーヒートを設定する方法

シリウス

シリウスにユーザーヒートを設定する方法【サイト改善お役立ち】

更新日:

こんにちは、チカです^^

サイトの改善にグーグルアナリティクスやサーチコンソールでアクセス解析する方が多いですが、
プラスアルファとして「ヒートマップ」を導入する方が増えています。

ヒートマップとはなんぞや?シリウスにも設定できるのか?を解説していきます^^

ヒートマップとは?

ヒートマップとは、ユーザーの行動を把握できるツールです。

ページのどの部分が見られているのか?クリックされている場所やどこで離脱されているのか?

このどれもがサイト改善に役立つ情報ですよね。
上記のようなユーザーの行動を解析できる画期的なツールです。

無料・有料のものがありますが、わたしが利用している「ユーザーヒート」は無料で使えます。
※月間30万PVまでなら解析可能

ユーザーヒートの登録方法

ユーザーヒートの登録方法を解説します。

まずは公式サイトにアクセスします。
参考ユーザーヒート公式サイト
ユーザーヒート 使い方

登録したいサイトURLを入力して「登録する(無料)」をクリックします。
ユーザーヒートの使い方

必要情報を入力します。(メルアド・パスワードで登録可能)「登録」をクリックします。
ユーザーヒートの使い方

登録したメールアドレスにアカウント認証のメールがくるので、確認URLをクリックします。
ユーザーヒートの使い方

確認URLをクリックすると、ログインページへ進めます。登録は以上です^^
ユーザーヒートの使い方

シリウスに設定する方法

シリウスにユーザーヒートを設定する方法を解説します。
ユーザーヒートにログインしたら、「解析タグの設置方法」をクリックします。
ユーザーヒートの使い方解析タグ発行のページに移行し、解析タグをコピーします。
ユーザーヒート

シリウスの「サイト全体設定」をクリックします。
シリウスにユーザーヒートを設置

アクセス解析タグにコピペして「OK」をクリックします。(アナリティクスのコードの下に入れておきましょう)
ユーザーヒート

あとは「サイト生成」⇒「アップロード」で完了です^^

ユーザーヒートの使い方と見方

ユーザーヒートの設定をした後、しばらくするとデータが溜まって解析できるようになります。(一定のアクセス数が必要)

使い方と見方についてはコチラの記事で解説しています。

まとめ

普段のアクセス解析に加えてユーザーの行動がまるわかりになるので、
サイト改善がよりしやすくなります。

「ここはリンクじゃないのにすごくクリックされてる!」なんて部分もあったりして、
目からウロコ情報も多々あります(笑)
そこに購入ボタンやリンク先をつなげてあげれば、ユーザビリティが向上しますよね^^

ユーザーヒートを活用してよりよいサイト作りを目指していきましょう^^

チカの公式メルマガ登録はこちらから

-シリウス
-,

Copyright© ブログを収入へつなげよう! | チカブロ , 2019 All Rights Reserved.