初心者のアクセス解析

ツール・ソフト

グーグルアナリティクスの使い方!初心者が見るべきページを解説!

更新日:

こんにちは!チカです。
高性能で無料で使えるアクセス解析は
グーグルアナリティクスをお勧めします^^

今回は初心者がアクセス解析をするときに
グーグルアナリティクスの見るべきページを紹介します!

現WEB担当者のチカがここさえ見ておけばひとまずOK!
という部分をお教えします^^

グーグルアナリティクスとは

サイトを育てるために、アクセス解析は超大事!

グーグルアナリティクスでは、
登録したサイトのユーザー(サイト訪問者)に関する
詳しいデータがわかります。

サイト内に設置したリンクは何回クリックされたか?
広告を打ち出した際にどれくらい効果があったのか?
など無料でも様々なアクセス解析をすることができます。
(※このサイトで随時紹介していきます)

グーグルアナリティクスの設定

グーグルアナリティクスの登録は済んでいますか?
簡単なので、まだ登録してないよ!って方は、
こちらの記事を参考にしてください^^

グーグルアナリティクスの使い方

グーグルアナリティクスの管理画面はこんなかんじ。
グーグルアナリティクス

サイドメニューからデータを見たり、設定を変えたりします。
アナリティクス

ユーザーの詳しいデータを解析するために

グーグルアナリティクスを登録したら、
ユーザー(サイト訪問者)の年齢層と性別がわかる
「ユーザー属性」の設定をONにしておきましょう。

やり方は以下の手順です^^

1.「ユーザー」⇒「ユーザー属性」⇒「概要」をクリックします。
グーグルアナリティクス登録

2.「有効化」をクリックします。
グーグルアナリティクス登録

これで完了です^^

グーグルアナリティクスにメモを記入する

グーグルアナリティクスの
便利機能の一つとして、
メモを記入することができます。

やり方は以下の手順です^^

1.「ユーザー」⇒「概要」をクリックします。
グーグルアナリティクス

2.ユーザーサマリーの画面に移行します。
画像の赤枠部分の逆三角ボタンをクリックします。

グーグルアナリティクス

3.「+新しいメモを作成」をクリックします。
グーグルアナリティクス

4.日付と内容、公開設定(公開or非公開)の設定ができます。
できたら「保存」をクリックして完了です^^

グーグルアナリティクス

5.メモを記入した例です。
ちょこんとメモのマークが表示されます。

グーグルアナリティクス

メモの使い道は様々ですが、
例えば、「100記事達成」や「ワードプレスのテーマを変えた」など
ふせん感覚で使っていくと便利です。

ぜひメモを活用してみてください^^

グーグルアナリティクスで初心者が見るべきページ

さて本題です。

グーグルアナリティクスで初心者が
ここだけは見ておくべき!
というページを紹介します^^

その前に、
アナリティクスでよく使う項目について
解説していきますね。
アナリティクス

【セッション数】
サイト訪問数。

【ユーザー数】
サイトを訪問したユーザー(サイト訪問者)の人数。
※1人が2回以上訪問しても1回でカウントされます。

【ページビュー数】
サイトのページを読まれた回数。
※1人が2ページ読んだら2ページビューでカウントされます。

【ページ/セッション】
ページビュー数をセッション数で割った数字。

【平均セッション時間】
サイト訪問者がサイトに滞在している平均滞在時間。

【直帰率】
サイトに訪問して(1ページだけ)、他のサイトへ離脱、
またはブラウザを閉じてしまう率。
※直帰率が下がる=サイトの滞在時間が長くなる

【新規セッション率】
サイトを初めて訪れるユーザーの割合。

ユーザー

「ユーザー」⇒「概要」を選択すると
ユーザーサマリーの画面になります。

グーグルアナリティクス

ここでは、サイトに訪問した「ユーザー」に関する情報がわかります。
どのくらいサイトに訪問されたのか?
ページビューはどれくらいあったのか?

グーグルアナリティクスを開いたら
まずこの部分を確認する方が多いです。

集客

「集客」⇒「概要」を選択すると
集客の画面になります。

グーグルアナリティクス

集客のデータ解析では、
「どこからユーザーが来ているのか?」といった
流入元を調べることができます。

【Organic Search】
グーグル検索やヤフー検索などの検索から

【Direct】
特定の参照元サイトが無い場合のアクセスから
(ブックマークからの直接流入やメルマガなど)

【Social】
FacebookやTwitter、アメーバブログなどのソーシャルメディアから

【Referral】
Social以外の参照元サイト(他サイトやブログなど)から

行動

「行動」⇒「概要」を選択すると
行動の画面になります。

アナリティクス

ユーザー(訪問者)が来てから、
どんな行動をしたか?

というのをデータで解析することができます。

どんなページが一番訪問されているのか?
そのページからどんな行動をしたのか?

ページをクリックすると、
その後の訪問者の行動を
具体的に見ることができます。

1.ページのリンクを選択します。
アナリティクス

2.「ナビゲーションサマリー」を選択します。
アナリティクス

3.ページを訪問したユーザーの動きがわかります。
前のページ遷移:前は何のページを見てた?
次のページ遷移:次はこのページを見に行った!

アナリティクス

まとめ

いかがでしたか?
今回紹介したのは、
グーグルアナリティクスの使い方のほんの一例です。

まだまだ奥が深いです^^;(笑)

グーグルアナリティクスを利用して、
ぜひアクセス解析の「把握」と「改善」
役立てて頂けたらと思います!

現状を知るのは大切なことです^^

目標達成のために頑張っていきましょう!

 

-ツール・ソフト
-, ,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.